ヨガで便秘を解消し、身体の中からキレイに

ヨガは今や世界中の男女から愛される健康法の一つです。ゆったりとした動きで年齢を問わずできることや、場所も時間も関係なく一人でも行なえることなどがその人気の理由と言えるでしょう。

このヨガから期待できるメリットの一つが、便秘の改善です。ヨガのゆっくりとした動きと深い呼吸法が自律神経を整え、腸のぜん動運動を活発にすると言われています。
乳酸菌革命の評判は?口コミも調べてみました

便秘の原因は様々ですが、多くの場合はストレスが関係しています。そしてストレスは自律神経の乱れにも影響するため、ヨガでリラックスをしながらストレスを解消しつつ、自律神経を整えることはとても重要と言えます。

ヨガには何百というポーズがあり、それぞれに意味があります。そして便秘に特に良いとされているポーズの一つが、「胎児のポーズ」です。

これは仰向けになって膝を両手で抱えながら上体を起こすような姿勢をキープし、呼吸を繰り返すというものです。膝を抱えるような姿勢を保つことで、自分の足でおなかを刺激するようなイメージですね。

ただしこれだけをやってすぐ便秘が解消するかというとそれは微妙なので、いくつかのポーズを合わせてなるべく毎日の生活に取り入れるようにすると良いでしょう。ヨガは長く行なってこそより身体の変化が実感できる場合が多いので、ぜひ継続的に続けてみて下さいね。